Nikibi Hack

ニキビを中心に、美容全般の情報ブログ

ニキビで悩む30代女子におすすめの3つの化粧水を紹介するよ

 

30代のニキビ・美肌・美白ケアを紹介していきます

あなたは、「30代にもなってまだニキビができるとか、恥ずかしすぎる」と感じていませんか?

そこで今回は、30代ニキビに効果のある化粧水の紹介や、なぜその化粧水を選ぶと良いのかの理由を、ニキビケアに詳しくない人でも分かりやすく解説していきます。

ぜひ、参考にしてください。

スポンサーリンク

そもそも、30代なのに何でニキビができたの?

ニキビは、「皮脂が毛穴に詰まることで炎症を起こす」のが原因の肌トラブルなので、基本的には皮脂量が多くなる思春期の時期に発症しやすい傾向があります。

ではなぜ、30代なのにニキビになったかと言うと、「肌の保湿ができていないこと」が主な原因に挙げられます。

肌の保湿が十分でないと、角質(肌の表面)の水分が失われて固くなったり、カサカサして白い粉みたいなものが出てきたりします。

角質は固くなると毛穴の通り道を塞ぐようになるので、少量の皮脂だけでも毛穴に詰まってしまい、ニキビができてしまうのです。

ニキビ化粧水にはどんなタイプがあるのか?

一言で「ニキビに効く化粧水!」と言っても、思春期ニキビに良いもの、乾燥肌に良いものなど色々な種類があります。

そんな市販で売られているニキビ化粧水を、大まかに3つに分けると

  • 「アクネ菌」を撃退するアクネケア化粧水
  • ビタミンCorEの力でニキビを治す化粧水
  • 乾燥ニキビを治すための保湿化粧水

と言う風に、以上のように分けることができます。

30代ニキビにアクネケア化粧水は効果が期待できない

しかし、この3つの内、一番使えないのが「アクネケア化粧水」です。

なぜなら、アクネ菌は皮脂をエサにしてニキビを悪化させる細菌ですが、女性の場合は30台をピークの皮脂量が減少していくので、このアクネ菌がニキビの原因とは考えにくいからです。

年齢による皮脂量の変化は、AllAboutさんの「顔のテカリが気になる!大人の皮脂とのつきあい方」の記事でハッキリと紹介されています。(下図は引用)

女性は30代から皮脂量が減少していく

それに、一般的にアクネ菌は悪者にされていますが、じつは肌の常在菌であり、肌を弱酸性に保ったり保湿をしてくれる大事な細菌でもあるので、むやみに殺菌しない方が良いのです。

おすすめはビタミンCorE化粧水と保湿化粧水のいずれか

と言うわけで、30代ニキビにおすすめの化粧水は、以下の2つです。

  • ビタミンCorEの化粧水
  • 保湿化粧水

30代ニキビの原因は肌の乾燥にあるから「保湿化粧水」がニキビケアに使えるのは分かると思います。

では、なぜビタミンCorE化粧水がニキビケアに良いかと言うと、これらの成分には「抗酸化作用」があるからです。

抗酸化作用とは、肌の細胞を活性酸素から守りターンオーバーを促すことで、角質を綺麗にしてニキビができにくい肌作りをしてくれる効果のことです。

おすすめの30代ニキビ化粧水

以下は、30代ニキビにおすすめの化粧水を紹介していきます。

コラージュ 薬用保湿化粧水 とてもしっとり

無香料・無色素の低刺激化粧水で、ニキビ肌に多い敏感肌でも安心して使えます。

成分には、保湿成分の中でも効果が高い「アミノセラミド」や、炎症(ニキビ)を沈めてくれる「グリチルリチン酸」が含まれています。

コラージュ公式サイトによると、ニキビの原因となる働きをしない事が証明された「ノンコメドジェニックテスト済み」でもある、とのことです。(100%ニキビに効果があるわけではありませんよ)

コラージュ 薬用保湿化粧水 とてもしっとり 120mL 【医薬部外品】
持田ヘルスケア
売り上げランキング: 6,824

肌研 極潤ヒアルロン酸

「もっと安い保湿化粧水が良い」と言う人は、極潤ヒアルロン酸がおすすめです。

セラミドより劣りますが、ヒアルロン酸も保湿効果に定評のある成分で、極潤では加水分解ヒアルロン酸、アセチルヒアルロン酸Na(スーパーヒアルロン酸)、ヒアルロン酸Naの3種類のヒアルロン酸が配合されています。

ただ、浸透力を上げる成分が含まれていないので、角質が固くなった30代ニキビには効果が実感できるかどうかは疑問なところです。実際、口コミでも「10代、20代向けだろ」と言う声も多いですね。

肌研(ハダラボ) 極潤 ヒアルロン液 170mL
ロート製薬
売り上げランキング: 722

チェーンメーカーズVC-6

他の化粧水と一緒に使っても良いし、単品で使っても良いビタミンC誘導体化粧水です。

普通のビタミンCは壊れやすく効果を実感できにくいですが、ビタミンC誘導体はそんなビタミンCの弱点を克服した成分で、ニキビケアに有効な「抗炎症作用」や「抗酸化作用」を発揮します。

ただし、ビタミンC誘導体は「肌の刺激になるかもしれない」と言う欠点があるので、肌が弱い人は配合量が少ない「VC-3」を使った方が良いです。

TUNEMAKERS(チューンメーカーズ) VC-6 ビタミンC誘導体配合エッセンス 10mL

今すぐにニキビケアをしたい人は?

 あなたは、  「今すぐにでもニキビケアをしたい!」と思っていませんか?

 私自身も長年ニキビに悩んでいましたが、化粧品を変えることで肌に自信が持てるまでになりました。  

 詳しくは、  以下の記事を参考にしてください。

>>私がニキビケアに使った化粧品とは?実体験を元に紹介する!

スポンサーリンク

  この記事を読んだ人にオススメ!

スポンサーリンク