Nikibi Hack

ニキビを中心に、美容全般の情報ブログ

ごぼうの2つのニキビ効果とおすすめの食べ方を紹介するよ

 

ゴボウのニキビ効果

あなたは、「ごぼうがニキビケアに良いって聞いたけど、本当にニキビに効果があるの?」と疑問に感じていませんか?

そこで今回は、ごぼうの2つのニキビ効果と、ごぼうのニキビ効果を高める食べ方を紹介していきます。

ぜひ、参考にしてください。

スポンサーリンク

ごぼうの2つのニキビ効果とは?

ごぼうを食べることで、以下の2つのニキビ効果が期待できます。

1、食物繊維で腸内環境を改善する

ごぼうには「食物繊維」が豊富に含まれており、腸内環境を改善することでニキビケアのサポートをしてくれます。

私たちの腸には、便を作るという働きだけでなく、食べ物の栄養素を吸収して皮膚や臓器などに栄養を運ぶ、と言う大事な役割もあります。

つまり、腸が綺麗であればあるほど皮膚へ栄養が行き渡りますし、皮膚の細胞が活性化して新陳代謝が促進されるので、ニキビの原因となる過剰な皮脂やアクネ菌を肌から取り除くことができるのです

2、マグネシウムで体のバランスを整える

ごぼうに豊富に含まれる「マグネシウム」は、糖質や脂質のエネルギー代謝や、血圧の調整をしてくれることで、ニキビケアに役立ちます。

よく「お菓子を食べたらニキビが出来る」と言われていますが、それはお菓子を食べることで、血液中に代謝しきれない糖質が残ってしまい、血流が悪化するからです。

血流が悪化すると皮膚に栄養が行き届きにくくなるので、ニキビができやすくなるんですね

マグネシウムは糖質の代謝を促進したり、血圧を調整することで、間接的に血流の改善に役立っているので、ニキビケアに有効なのです。

ニキビケアにおすすめのごぼうの食べ方

みそ汁としてゴボウを食べる

ニキビケアのためにごぼうを食べる場合は、ごぼうだけを食べるのではなく、みそ汁として他の食材と組み合わせて食べるのをオススメします。

例えば、カボチャやキャベツにはビタミンCやβーカロテンが豊富で、ニキビの原因となる皮脂の過剰分泌を抑えたり、「抗酸化作用」を持っているので新陳代謝を促進してくれます。

もちろん、みそ汁でなくても良いのですが、ビタミン類は水に溶けやすいデメリットがあるので、みそ汁であれば汁を飲めば良いので問題ありません。

肉や魚もきちんと食べる

たまに「肉や魚を食べるとニキビになる」と勘違いしている人がいますが、肉や魚は食べ過ぎがダメなだけで、適切に取ることでニキビケアに役立ちます。

肉や魚に多く含まれる「タンパク質」には、皮膚や筋肉の栄養となる働きがあるので、健康な皮膚を作ってニキビができにくい肌ができるのです。

それに、ゴボウに含まれるマグネシウムには、体内でタンパク質が働くようにサポートする役割もあるので、よりニキビケアが期待できます。

今すぐにニキビケアをしたい人は?

 あなたは、  「今すぐにでもニキビケアをしたい!」と思っていませんか?

 私自身も長年ニキビに悩んでいましたが、化粧品を変えることで肌に自信が持てるまでになりました。  

 詳しくは、  以下の記事を参考にしてください。

>>私がニキビケアに使った化粧品とは?実体験を元に紹介する!

スポンサーリンク

  この記事を読んだ人にオススメ!

スポンサーリンク