Nikibi Hack

ニキビを中心に、美容全般の情報ブログ

ファンケルの青汁がニキビケアに効果があるのか調べてみた

 

ファンケルの青汁のニキビ効果

あなたは、「青汁がニキビケアに良いって聞くけど、ファンケルの青汁はニキビケアにどうなの?」と、疑問に感じていませんか?

そこで今回は、ファンケルの青汁に含まれている成分やそのニキビ効果、デメリットなどを紹介していきます。

ぜひ、参考にしてください。

スポンサーリンク

ファンケルの青汁に含まれている成分とは?

公式サイトによると、ファンケルの青汁には以下の成分が含まれていることが分かります。

食物繊維:0.81~2.0g、ナトリウム:18~44mg、カリウム:161~445mg、カルシウム:91~215mg、マグネシウム:17~48mg、鉄:0.19~0.36mg、β-カロテン:555~2029μg、ビタミンC:76~229mg、ビタミンE:0.46~1.6mg、ビタミンK:98~222μg、葉酸:39~93μg、総クロロフィル:14~44mg、SOD様活性:27000~78000単位、ルテイン:0.97~2.7mg、植物性ツイントース:500mg

引用:【青汁】本搾り青汁 プレミアム |ファンケルオンライン

色々な栄養素が含まれていますが、特に重要なのは緑色で書いた栄養素なので、これらの栄養素のニキビ効果を詳しく見ていきましょう。

1、便秘を解消してニキビケアをする

ファンケルに含まれる「食物繊維」には、腸内のゴミや有害物質を取り除くことで腸内環境を綺麗にする効果があります。

ニキビと腸内環境を無関係のように見えますが、実は大アリです。

腸には便を出す以外にも『腸で吸収した栄養素を肌に送る』と言う大事な役割があり、良質な栄養素を肌に送ることで新陳代謝が促進されて、肌の健康を維持しやすくなるのです。

ニキビの原因は皮脂(アブラ)が毛穴に詰まって毛穴が炎症を起こすことにあるので、青汁で新陳代謝を促進して、肌にある不要な皮脂を取り除いたり、毛穴の調子を整えることでニキビケアができる、と言うわけですね。

2、抗酸化成分で肌を整える

ファンケルの青汁には、ビタミンC,E、βカロテンなどの「抗酸化成分」が豊富に含まれており、肌の新陳代謝を促進させて、ニキビのある肌をきれいにします。

また、ビタミンCを食べ物から取ることで、ニキビの原因となる皮脂の過剰分泌を抑えることに繋がるので、特に10代の思春期ニキビには効果が期待できます。

ビタミンCは1日100mg取るのが理想とされていますが、公式サイトによると、ファンケルの青汁は1杯で76~229mg取れることが分かります。
(なぜか、栄養の量に幅がありますが)

特に、ビタミンCやβカロテンは野菜を意識して多めに食べないと十分な量が取れないので、野菜嫌いの人にはファンケルが良いのかもしれませんね。

ファンケル青汁の2つのデメリット

以上の説明の様に、ファンケルにはニキビケアに良い成分が多く含まれていますが、デメリットが2つあります。

1、飲んだ後味が苦い

ファンケルの青汁は飲みやすいようになるべく青汁の苦さを消していますが、それでも飲んだ後の後味がほんのり苦みがあります

もちろん、野菜嫌いの人からすれば、本物の野菜をたくさん食べるのと比べると十分に美味しいですが、「1日に何杯でも飲みたい」と思える味ではないです。

味の対策として「牛乳や豆乳を混ぜる」と言う方法があります。

豆乳の方が「エストロゲン」と言う女性ホルモンを活性化させてホルモンバランスを整える働きがあるので、ニキビケアをする場合は豆乳を混ぜると味は良くなります。

2、効果が出るのに時間がかかる

ファンケルの青汁は、体の内側を綺麗にしてニキビケアをするので、体の栄養素が入れ替わるまでの2週間~1ヵ月ほど効果が出ません

なので、もし、あなたが「1週間以内にニキビを治したい!」と言うのであれば、化粧水や洗顔料を使ったニキビケアをする方が良いでしょう。

しかし、ファンケルの青汁を飲むことで内側から肌の調子を整えるので、ニキビ予防にも効果を発揮するのは良い点ですよ。

今すぐにニキビケアをしたい人は?

 あなたは、  「今すぐにでもニキビケアをしたい!」と思っていませんか?

 私自身も長年ニキビに悩んでいましたが、化粧品を変えることで肌に自信が持てるまでになりました。  

 詳しくは、  以下の記事を参考にしてください。

>>私がニキビケアに使った化粧品とは?実体験を元に紹介する!

スポンサーリンク

  この記事を読んだ人にオススメ!

スポンサーリンク