Nikibi Hack

ニキビを中心に、美容全般の情報ブログ

ビタミンC誘導体の3つのニキビケア効果とおすすめの化粧水

 

ビタミンC誘導体のニキビ効果

あなたは、「ビタミンC誘導体がニキビケアに良いと聞くけど、どの化粧品を使えば良いのか分からない」

「と言うより、本当にビタミンC誘導体がニキビケアに良いの?」

と言う疑問を持っていませんか?

そこで今回は、ビタミンC誘導体の3つのニキビケア効果や、あなたの生活習慣や肌質に合ったビタミンC誘導体化粧品の選び方を紹介していきます。

ぜひ、参考にしてください。

スポンサーリンク

ビタミンC誘導体の3つのニキビケア効果とは?

そもそも、なぜビタミンC誘導体が「ニキビケアに良い!」と言われているかというと、以下の3つの働きがビタミンC誘導体にあるからです。

  • 皮脂(アブラ)の分泌を抑える
  • 活性酸素を抑える
  • 炎症を抑える

以下は、それぞれの働きを少し詳しく見ていきます。

1、皮脂の分泌を抑える

ビタミンC誘導体には皮脂の分泌を抑える働きがあり、ニキビケアに効果があります。

そもそも、ニキビができるのは「皮脂(アブラ)が何らかの理由で毛穴に詰まってしまい、毛穴がパンパンに膨れることで炎症を起こす」のが原因です。

つまり、「ニキビケアがしたいなら、皮脂の量自体を抑えれば良いじゃん」と言うことで、ビタミンC誘導体が役に立つわけです。

特に、成長ホルモンの影響で皮脂の分泌量が多い「思春期ニキビ」の人や、肌がテカテカしていたり毛穴が開き気味な「脂性肌」の人には、ビタミンC誘導体でニキビケアが期待できます。

2、活性酸素を抑える

活性酸素とは、肌の細胞を攻撃する「美容の敵」のようなものです。

先ほど「皮脂が毛穴に詰まってニキビができる」と言いましたが、普通の健康な肌であれば皮脂が毛穴に詰まることはまずあり得ません

なぜなら、私たちの肌はターンオーバー(新陳代謝)を約40日に1回の頻度で行っているので、余分な皮脂が肌から取り除かれるからです。

しかし、肌の中に活性酸素の量が増えてしまうと、それだけ肌の細胞が攻撃されて肌のターンオーバーも遅れてしまうので、肌に余分な皮脂が残るようになって毛穴に詰まりやすくなるのです。

ビタミンC誘導体は、この活性酸素を除去する働きがあるので、間接的にニキビケアができるわけです。

3、炎症を抑える

ビタミンC誘導体には、「抗炎症作用」と言う炎症を抑える働きがあります。

ニキビ自体が炎症の仲間なので、ビタミンC誘導体が効果があるのは当然と言えますね。

ビタミンC誘導体はどの化粧品を使えば良いの?

ビタミンCu誘導体の化粧品と言っても、大きく分けて

  • 美容液(化粧水)
  • クリーム
  • 乳液

の3種類がありますが、この中でオススメなのが「美容液(化粧水)」です。

なぜなら、ビタミンC誘導体は「水溶性(水に付けやすい成分)」なので、水分が多い美容液の方が肌に浸透しやすく、ビタミンC誘導体の効果を実感しやすいからです。

もちろん、保湿力も重視したいのであれば、クリームや乳液のビタミンC誘導体もアリですが、皮脂(アブラ)が原因でできたニキビ肌には、油分の多いクリームや乳液は相性が合わない可能性が高いので、個人的にはオススメしません

ビタミンC誘導体の濃度はどれくらいが良いの?

化粧水によってビタミンC誘導体の濃度が違ってきますが、ニキビケアを重視する場合は2~5%の濃度の化粧水を選べば良いです。

もちろん、ビタミンC誘導体の濃度が高い化粧水ほどニキビケアに効果はありますが、ビタミンC誘導体は肌の刺激になりやすいというデメリットがあるので、濃度が高すぎるものはオススメしません。

ニキビケアにオススメのビタミンC誘導体化粧水

以下は、ニキビケアに使えるオススメのビタミンC誘導体化粧水を紹介していきます。

スキンコンディショナーローション VC500ml

とにかく化粧水の量が多く500円ぐらいと低価格な化粧水なので、「ちょっとビタミンC誘導体を試したい」と言う人にオススメ。

ニキビ肌の人は敏感肌の可能性も高いので、なるべく刺激の少ない化粧水が良いです。
しかし、このスキンコンディショナーは「無香料、無着色、無鉱物油、弱酸性」は良い点ですが、「エタノール」が入っているのが肌の刺激になりかねないのがデメリットですね。

それと人によっては浸透力や保湿力が物足りないと感じることもありますが、なによりも低価格が魅力なので、気軽にビタミンC誘導体を使うには良い化粧水ですね。

C10 浸透型ビタミンC誘導体10%ローション

ビタミンC誘導体が10%の高濃度の化粧水。

ビタミンC誘導体が多く入っている分だけニキビケアに効果も実感しやすいですが、その分だけ肌の刺激も強くなるデメリットがあります。

なので、最初にこの化粧水を使うのではなく、他の2%~5%のビタミンC誘導体の化粧水を使って効果が実感できない場合に、この化粧水を使うことを検討した方が安全ですね。

ノブ ACアクティブ

先ほど紹介した2つの化粧水は、美白のためのビタミンC誘導体化粧水の色合いが強いですが、この『ノブACアクティブ』は、ニキビケアを重視して作られた化粧水です。

まず1つ目の特徴が、ノブACアクティブは、「ノンコメドティクテスト」と言う、ニキビになりにくい成分だけを使っていますよ、と言う証明をするテストをクリアしています。

そして2つ目が、セラミドやヒアルロン酸等の保湿力の高い成分を使っていることです。

ビタミンC誘導体はニキビケアに良いのですが、刺激が強いというデメリットもあるので、そのビタミンC誘導体のデメリットを消すために高い保湿力のある成分を使っているのは良いですね。

今すぐにニキビケアをしたい人は?

 あなたは、  「今すぐにでもニキビケアをしたい!」と思っていませんか?

 私自身も長年ニキビに悩んでいましたが、化粧品を変えることで肌に自信が持てるまでになりました。  

 詳しくは、  以下の記事を参考にしてください。

>>私がニキビケアに使った化粧品とは?実体験を元に紹介する!

スポンサーリンク

  この記事を読んだ人にオススメ!

スポンサーリンク