Nikibi Hack

ニキビを中心に、美容全般の情報ブログ

資生堂ベネフィークのニキビ効果やおすすめの化粧品3選

 

ベネフィークのニキビ効果

あなたは、「資生堂のベネフィークって、ニキビに効果があるの?」と、疑問に感じていませんか?

そこで今回は、ベネフィークの中でもニキビ対策に良い化粧品3つのニキビ効果や成分を紹介していきます。

ぜひ、参考にしてください。

スポンサーリンク

1、ベネフィークACアクネウォッシュ

【資生堂】ベネフィーク AC アクネウォッシュ 75g
資生堂
売り上げランキング: 24,283

ベネフィークACアクネウォッシュは、「メタケイ酸アルミン酸マグネシウム」と言う皮脂に付着しやすい成分を配合しているので、ニキビの原因である毛穴の奥の皮脂の詰まりを解消するサポートをしてくれます。

また、ニキビの炎症を抑える「グリチルリチン酸」や、肌への吸収力に優れた保湿成分「トリメチルグリシン」を配合しているのも特徴。

特に20代以降の大人ニキビの人は、肌が乾燥しているせいで皮脂(アブラ)が固まってしまい、固まった皮脂が毛穴に詰まるのがニキビの原因になるので、保湿成分が配合されていてニキビケアができるのは嬉しい所です。

ACアクネウォッシュのデメリットは、「成分に香料が入っていて、肌の刺激になる可能性があるところ」ですが、全体的に見てもニキビケアに良い成分を使っているのでオススメです。

2、ベネフィークACアクネローション

【資生堂】ベネフィーク AC アクネローション 75mL
資生堂
売り上げランキング: 139,802

ACアクネローションには、「サリチル酸」や「エタノール」などの殺菌成分が配合されているのが特徴で、他にもアレルギーテストやノンコメドティックテスト(ニキビになりにくい事を証明するテスト)もしているローションです。

ニキビが悪化する原因の1つに、「毛穴の中にアクネ菌が入り込んで、アクネ菌が暴れること」が挙げられます。

なので、ACアクネローションに配合されているサリチル酸やエタノール等の殺菌成分でアクネ菌を退治することで、早くニキビケアができる可能性もあります

しかし、サリチル酸やエタノールは肌への刺激も強い成分なので、敏感肌の人はサンプル等をもらって試してみる方が良いですよ。

3、ベネフィークIMローション

敏感肌&大人ニキビの場合は、先ほど紹介したACアクネローションよりも、IMローションの方がニキビケアに向いている可能性があります。

元々、IMローションは30代以降のアンチエイジング化粧品と言うイメージが強いですが、浸透力の高い「CE成熟保湿成分配合」を主成分にしているので、乾燥ニキビのケアにも向いています。

ただし、IMローションは3~4000円とやや値段が高いのが欠点ですし、この値段であれば他に良いニキビケア化粧品はたくさんあるので、乾燥ニキビの場合はベネフィークにこだわる必要はない、と個人的に思います。

今すぐにニキビケアをしたい人は?

 あなたは、  「今すぐにでもニキビケアをしたい!」と思っていませんか?

 私自身も長年ニキビに悩んでいましたが、化粧品を変えることで肌に自信が持てるまでになりました。  

 詳しくは、  以下の記事を参考にしてください。

>>私がニキビケアに使った化粧品とは?実体験を元に紹介する!

スポンサーリンク

  この記事を読んだ人にオススメ!

スポンサーリンク